ヒルドイドのやけどへの効果・しもやけが治る!

ヒルドイドのやけどへの効果・しもやけが治る!

ヒルドイドはやけどには効果がありませんが、やけど跡の改善には役立ちます。また、しもやけの治療にも効果があります。ヒルドイドは傷口に塗ってはいけませんが、傷跡には効果があるので、使うタイミングに注意が必要です。

このページでは、ヒルドイドのやけど・やけど跡への効果を説明します。また、しもやけに効果がある理由や子供のしもやけ治療についても解説。悪化したしもやけにヒルドイドを塗れるか?といった疑問も解決します。

ヒルドイドのやけどへの効果

ヒルドイドを塗っても、やけどは治りません。ヒルドイドは、やけどをしている部分の皮膚に塗ってはいけないのです。しかし、やけど跡を残さないためのケアには適しています。ヒルドイドには、やけど跡を薄くし、目立たなくする効果があります。

ヒルドイドはやけどに塗ってはいけない

ヒルドイドは、やけどには効果がありません。むしろ、傷や水ぶくれができた状態では、ヒルドイドは塗ってはいけないのです。

やけどは軽度の場合でも、皮膚の表面に傷ができた状態です。また、ひどいやけどの場合は水ぶくれができます。この水ぶくれが破れると「びらん」という、皮がむけた状態の傷になってしまうのです。

ヒルドイドの添付文書には、こうした傷口(潰瘍・びらん面)に塗ってはいけないと記載があります。やけどした傷にヒルドイドを塗ると、逆に悪化する場合もあるので注意してください。

ヒルドイドはやけど跡の改善に効果あり

ヒルドイドには、やけど跡を改善できる効果があります。ヒルドイドがやけど跡をケアできる理由について、それぞれ見ていきましょう。

ターンオーバー促進で皮膚が早く生まれ変わる

ヒルドイドは肌のターンオーバーを早め、肌の生まれ変わりを促進します。

ヒルドイドの有効成分「ヘパリン類似物質」には、血行促進や保湿の作用があります。これらの作用で肌の新陳代謝が向上し、古い皮膚が生まれ変わっていきます。傷跡ができてしまった皮膚の細胞が代謝で排出され、新しく綺麗な皮膚が生成されるのです。

線維芽細胞の過剰な生成を止めて自然な皮膚に治す

ヒルドイドには線維芽細胞の生成を抑制する効果があります。

線維芽細胞は、やけどなどのケガによる傷を治すために増加し、傷をくっつけて埋めていきます。しかし、過剰に生成されると皮膚が盛り上がり、目立った傷跡ができてしまうのです。ヒルドイドは線維芽細胞の過剰な生成を阻止してくれるので、やけど跡を目立たないようにケアできます

ヒルドイドはしもやけを治せる!

ヒルドイドはしもやけにも効果的です。有効成分「ヘパリン類似物質」が持つ血行促進の作用によって、しもやけの症状を改善できます。加えて、保湿の作用で荒れた肌の修復も助けてくれます。

しかし、しもやけから生まれるかゆみは抑えられません。また、しもやけが悪化し、血が出ている状態の肌には塗らないでください。

ヒルドイドがしもやけに効く理由

ヒルドイドは血流を促進するので、しもやけの症状に効果を発揮します。

しもやけとは、正式には「凍瘡」という病名で、ヒルドイドの適応症です。 しもやけの原因は、指先などの毛細血管が寒さで拡張したままになり、収縮しなくなってしまうことです。指先など、もともと血行が悪くなりがちな部位は、温度変化についていけずに炎症を起こしてしまいます。

これに対し、血行を良くするヒルドイドは、しもやけの根本的な原因を解消してくれるのです。加えて、保湿作用もあるので、肌のバリア機能を向上させ、しもやけで荒れた部分の修復も助けてくれるのです。

子供のしもやけにはかゆみ止めを併用

子供のしもやけ治療には、ヒルドイドに加えて、かゆみ止めの作用がある塗り薬を併用しましょう。

ヒルドイド自体にかゆみ止めの効果はありません。子供は大人に比べてかゆみを我慢するのが難しく、眠っている最中に無意識に患部をかきむしってしまうケースが多々あります。

かゆみが強い場合は、抗炎症作用とかゆみ止めの作用がある塗り薬も使ったほうがよいでしょう。かゆみ止めを併用すれば、子供のストレスを減らし、しもやけの治癒を目指すことができます。

悪化したしもやけには塗らないこと

しもやけが進行すると、あかぎれから血が滲んでしまうことがあります。このような症状に対しては、ヒルドイドは塗らないでください。

ヒルドイドは血行を促進したり、血を固まりにくくする作用があります。そのため、出血している傷口に塗ると治りにくくなります。しもやけが悪化して血が滲むようなら、まずは細かな傷を治しましょう。ヒルドイドは、しもやけが悪化する前、あるいは症状が落ち着いてから用いることで、適切に治療できます。

まとめ

ヒルドイドを塗っても、やけどは治りません。傷口に塗ってはいけないので、やけどしてすぐはほかの治療法を用いてください。やけど跡の改善には効果を発揮するので、やけどの傷が治ってきたらヒルドイドでケアしましょう

また、ヒルドイドはしもやけに高い効果を発揮します。しもやけは血行不良によって起こるので、ヒルドイドで血流を改善するのが効果的です。子供のしもやけを治療する際は、かゆみ止めを併用するとストレスフリーになります。しもやけが悪化して血が滲む傷になってしまっている場合は、ヒルドイドを塗らないよう気を付けてください。