ヒルドイドの副作用と禁忌

ヒルドイドの副作用と禁忌

ヒルドイドは刺激が少なく、副作用の少ない医薬品です。しかし、医薬品である以上、副作用が出る可能性もわずかながらあります。ヒルドイドの成分にアレルギーを起こす人もいるので、必ずしも無害であるとは言えません。

このページでは、まずヒルドイドで起こりうる副作用の種類を紹介。次に、副作用が起こる原因を解説します。また、ヒルドイドの禁忌や注意点についても触れていきます。最後に、剤形によって異なる、ヒルドイドの副作用の発生頻度を見ていきましょう。

ヒルドイドの副作用の症状

肌に優しく刺激の少ないヒルドイドですが、副作用がまったく無いわけではありません。ヒルドイドクリームの臨床試験では、副作用の発生が確認されています。副作用の症状が単体で起こることは少なく、いくつかの細かな症状が重なって起こります。

副作用の種類と発生頻度

ヒルドイドの製造元であるマルホのWebサイトには、種類ごとの副作用の頻度が記載されています。臨床試験の件数がもっとも多いヒルドイドクリームでは、0.93%の副作用が確認されました。

ヒルドイドクリームの臨床試験は、全部で2,471件行われています。ヒルドイドクリームによって起こった副作用は、具体的には以下のような症例です。

ヒルドイドクリームの副作用:発生した件数と頻度
副作用の種類 発生件数 発生頻度
皮膚炎 9件 0.36%
そう痒
(かゆみ)
8件 0.32%
発赤 5件 0.20%
発疹 4件 0.16%
潮紅 3件 0.12%
刺激感 2件 0.08%
熱感 1件 0.04%

副作用の症状を見てみると、命にかかわるような重大な症状はないことがわかります。加えて、それぞれの症状の発生頻度も低いので、ヒルドイドは危険性の低い医薬品であると言えるでしょう。

副作用でいくつかの症状が併発する

ヒルドイドの副作用による症状が単独で起こることは少なく、いくつかの症状が併発するケースが多く見られます。例えば、一番わかりやすい症状は蕁麻疹です。

ヒルドイドを塗った後に以下3つの症状がみられる場合、蕁麻疹であると判断できます。

  • 体の部位がほてって赤くなる(発赤)
  • かゆみを感じる(そう痒)
  • 皮膚に盛り上がっている部分がある(発疹)

このように、副作用は複数の症状が重なって起こります。皮膚炎によってかゆみを感じたり、皮膚の赤みや熱感を同時に感じたりと、相互関係があるのです。

ヒルドイドの副作用の原因

ヒルドイドで副作用が起こる原因は、ヒルドイドの成分に対するアレルギー反応だと考えられます。また、主成分であるヘパリン類似物質が血流を促進することで、かゆみなどを感じる場合もあります。

アレルギーで副作用が起こる

ヒルドイドを塗って肌に異常が起こった場合、成分にアレルギーを起こしていると考えられます。

アレルギー反応とは、異物に過剰な免疫反応を示すことです。ヒルドイドは本来なら肌に良い薬ですが、体内では有害なものと勘違いされることがあります。ヒルドイドに含まれる成分を異物とみなすと、体を守るために免疫機能が働きます。これにより、皮膚に炎症などが起こるのです。

もしアレルギーを起こしてしまったら、ヒルドイドの使用をやめましょう。

アレルギー以外の原因でも副作用が起こる

アレルギー反応ではなくても、ヒルドイドの副作用が起こる場合があります。考えられる原因は、ヒルドイドの血流を促進する作用です。

ヒルドイドに含まれているヘパリン類似物質には、血流を増加させる作用があります。加えて、血を固まりにくくする作用もあるため、血行が良くなります。これらの作用により、肌に赤みを帯びたり、かゆみを感じたりといった症状が起こります。

これは、お風呂に入ったときなど、暖かい場所で血行が良くなったときの状態と同じです。そのため、副作用とはいえ、しばらくすると自然に治まります

かゆみや赤みが長い時間治まらない場合は、アレルギーの可能性があります。症状がひどいときは、医師に相談しましょう。

ヒルドイドの禁忌と注意点

ヒルドイドは、出血性疾患の人の使用は禁忌となっています。また、ヒルドイドを使って一度でもアレルギーが起こったことがある人は、使用を避けてください。

妊娠中・授乳中にヒルドイドを使ったときの安全性もわかっていないので、使うときは医師との相談が必要です。

出血性疾患の人は禁忌

出血性疾患の人は、ヒルドイドを使ってはなりません。

ヒルドイドには、血を固まりにくくしたり、血流の量を増やしたりする作用があります。そのため、出血性疾患の人が使用すると、少量の出血でも止まらなくなる危険性があるのです。

例えば、血友病や血小板減少症、紫斑病などにかかっている人は、ヒルドイドを使えません。そのほか、少しの出血でも命にかかわるような症状になり得る人は、使用を禁止されています。

血液に関係する病気にかかっている人は、自己判断で安易にヒルドイドを使わないでください。

以前アレルギーが起こった人は使わない

以前にヒルドイドを使ってアレルギーを起こした経験があるなら、使用は控えましょう。

アレルギーは、一度でも発症したら完治することは稀です。そのため、一度ヒルドイドでアレルギーを起こした人は、再びアレルギーが起こる危険性が高いと言えます。

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質のほか、添加物にもアレルギーが起こる場合があります。原因を突き止めるためには、アレルギーのもととなる成分を病院で検査してもらう必要があります。

妊娠・授乳中の人は注意

妊娠中・授乳中の女性がヒルドイドを使って問題がないかどうか、いまのところわかっていません。

妊娠中や授乳中に懸念されることは、ヒルドイドを使うことで赤ちゃんに及ぶ悪影響です。ヒルドイドの成分の影響で、赤ちゃんの成長が邪魔される可能性があります。とはいえ、その決定的なデータはなく、危険だとも安全だとも言い切れないのです。

安全だと言い切れない以上は、できる限り使用を控えた方がよいでしょう。妊娠中・授乳中にヒルドイドを使いたい場合、医師としっかり相談してください。

赤ちゃんや子供の肌に、ヒルドイドを塗る分には問題ありません。

胎児はまだ未発達な部分が多いため、特に影響が出やすいのです。

授乳婦さんの場合、乳汁に薬の成分が混ざる可能性があります。そうなると、赤ちゃんがヒルドイドの成分を飲んでしまうことになるので、注意が必要なのです。

ヒルドイドの剤形ごとの副作用

ヒルドイドの臨床試験では、剤形によって副作用の発生頻度に差がありました。ヒルドイドの種類と副作用の発生頻度は以下です。

【ヒルドイドの剤形と副作用の発生頻度】

ヒルドイドの剤形 副作用の発生頻度
フォーム 3.3%
クリーム 0.93%
ゲル 0.63%
ソフト軟膏
ローション

副作用が発生したのは、ヒルドイドクリーム、フォーム、ゲルの3種類です。ソフト軟膏とローションでは、副作用が確認されませんでした。

有効成分の配合量は同じなので、この差は添加物からくるものではないかと考えられます。とはいえ、臨床試験の件数も異なるため、「フォームは副作用が出やすい」「ソフト軟膏は副作用がない」などとは一概に言えません。

まとめ

ヒルドイドの副作用は、皮膚の炎症やかゆみ、赤みなどです。多くの場合は、いくつかの症状が併発します。ヒルドイドで副作用が起こる原因として、アレルギー反応が起こっていると考えられます。ほかにも、血行が促進されるため、肌のかゆみや赤みにつながる場合もあります。

ヒルドイドは、出血性疾患の人は使ってはいけません。また、以前にヒルドイドでアレルギーがあった人も使用を避けましょう。妊婦・授乳婦の女性も、ヒルドイドを使わない方がよいでしょう。

ヒルドイドは、剤形によって副作用の発生頻度が異なります。どの剤形でも、副作用の発生頻度は低いため、使用上の注意を守れば問題ないでしょう。