ヒルドイドの値段・お得なのはどこ?

ヒルドイドの値段・お得なのはどこ?

ヒルドイドは、皮膚科でもらえる保湿剤です。乾燥肌に困っている人なら、名前を耳にしたことがある人が多いのではないでしょうか。これからヒルドイドを入手したいという人のために、病院で処方されるときの値段を紹介します。また、ジェネリック薬のビーソフテンにすると、どのくらい費用が抑えられるのかも解説。最後に、ヒルドイドを通販で買う場合の値段も紹介します。

皮膚科でもらえるヒルドイドの値段

ヒルドイドにはローション、ソフト軟膏、クリームの3種類があり、すべて1gあたり23.7円と設定されています。皮膚科などで処方される際には、チューブやボトルに入っているため、内容量によって金額が異なります。

処方されるときの金額

ヒルドイドは、チューブタイプなら25g入りで590円ほどです。ソフト軟膏とクリームには瓶タイプもあり、100gで2,370円となっています。

ヒルドイドには保険が適用されるため、患者が薬代として支払うのは3割の金額です。とはいえ、病院では診察料や調剤料も加算されるので、薬代のほかにもお金がかかります。特にはじめて行く病院では、初診料がかかるので注意しましょう。

一度に大量のヒルドイドを処方してもらうのは難しく、25gのチューブで2本から3本の処方が限度です。ヒルドイドを化粧品のような感覚で使う人が増えているため、規制が厳しくなっています。

ヒルドイドのジェネリック「ビーソフテン」の値段

ヒルドイドのジェネリック薬で有名なのはビーソフテンです。ビーソフテンにはクリームとローションの2種類があります。どちらも1gあたり9円と、ヒルドイドの半分以下の値段です。つまり、ビーソフテンを処方してもらえば、100gでも900円とかなり費用が抑えられます。しかし、医師がビーソフテンを積極的に処方することは少なく、患者から申し出る必要があるのです。

ジェネリックなら値段は安いけどリスクも

ビーソフテンは、ヒルドイドと全く同じ成分でできているわけではありません。有効成分は同じ「ヘパリン類似物質」ですが、添加物などは少し異なります。また、ジェネリック薬は先発薬と違い、臨床試験があまり行われません。効果や副作用が先発薬とほぼ同じなので、研究を行うことが少ないのです。そのため、先発薬がからだに合っていても、ジェネリック薬で思わぬ副作用がでることもあります。

先発薬からジェネリック薬に変えても、ほとんどの場合は問題ありませんが、あらかじめ医師に相談すると安心です。

通販ならヒルドイドをまとめ買いできてお得

"

ヒルドイドは病院での処方以外にも、海外からの通販で購入できます。楽天やAmazonといった、国内の通販サイトでは購入できません。しかし、個人輸入を利用すれば、病院へ行かずに通販と同じ感覚でヒルドイドが手に入ります。

ヒルドイドフォルテを個人輸入

個人輸入で買えるのは「ヒルドイドフォルテ」という商品です。ヒルドイドフォルテは、国内で処方されているヒルドイドよりも、高い濃度の有効成分が含まれています。そのため、国内のヒルドイドよりも高い効果が期待できるのです。

まとめ買いで安くなる

ヒルドイドフォルテは、40gで1,300円から2,000円ほどの値段に設定されています。単体の値段だけでは、病院での処方価格よりも高くなってしまうのです。

ただし、個人輸入の代行サイトでは、まとめ買いの割引があります。また、まとめて買えば送料も無料になるため、手軽にたくさん購入できるのが利点です。病院でたくさんもらうのが難しいので、日ごろ使う量が多い人には個人輸入をおすすめします。

まとめ

病院でヒルドイドをもらうなら、100gで2,370円です。ジェネリックのビーソフテンなら、半額以下の900円で処方が受けられます。また、ヒルドイドやビーソフテンは保険が適用されるため、この金額から3割の負担です。とはいえ、初診料や調剤料が上乗せされるので、実際に支払う金額は病院によって少し異なります。

通販でヒルドイドを購入したいなら、個人輸入を利用しましょう。海外の製品である「ヒルドイドフォルテ」が入手できます。ヒルドイドフォルテは40gで1,300円から2,000円と、病院に比べると高額です。しかし、国内の製品よりも有効成分の濃度が高く、まとめ買いによる割引もあります。病院ではたくさん処方しもらえないので、まとめて買えるのが個人輸入の利点です。