シミは薬で治療!シミ取りの医薬品を紹介

シミは薬で治療!シミ取りの医薬品を紹介

「シミなんて気にしたことがない」という人の方が少ないほど、多くの人がシミに悩んでいるのではないでしょうか?それだけ多くの人がシミに悩んでいるので、治療法や薬も多種多様にあります。

ただ、治療法が多すぎでどれを選べばよいのか迷ってしまうのも事実です。「レーザー治療はお金がかかる」「市販薬では治らない」と、いろいろと模索しても悩みが解決していない人は多いでしょう。

そこで、簡単に入手できるシミ取りの医薬品を紹介していきます。それぞれの薬について効果や副作用を詳しく解説。病院へ行かずに医薬品を入手したい人は、このページから通販サイトにも行けます。手軽に効果の高いシミ治療を試すチャンスです。

ハイドロキノンでシミ治療

ハイドロキノンは、シミを消す効果で有名な成分です。シミの予防や除去に効果があります。とても効果の高い薬ですが、副作用や注意点もきちんと把握してから使いましょう。

ハイドロキノンが配合されている医薬品のなかで、お得に購入できる2種類も紹介します。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノン(ヒドロキノン)には、シミを消す漂白の効果があると言われています。また、シミを薄くする効果もあります。

ハイドロキノンのシミ予防

ハイドロキノンは、シミを予防する効果を持ちます。

ハイドロキノンは、チロシナーゼを阻害する成分です。チロシナーゼとは、メラニンを合成する酵素のことです。メラニンは、チロシンというアミノ酸からできています。このチロシンを酸化させ、メラニンへと変換するのがチロシナーゼです。つまり、チロシナーゼの働きを止めれば、メラニンは作られず、シミもできません。

ハイドロキノンは、メラニンができる過程に作用し、シミを予防します。

ハイドロキノンのシミ治療

ハイドロキノンは、メラニンを作っている細胞の活動を止めることで、シミを減少させます。

メラニンを作っているのは、メラノサイトと呼ばれる細胞です。ハイドロキノンは、メラノサイトに対する毒性を持ちます。メラノサイトの働きを邪魔して、徐々に数を減らしていきます。このため、ハイドロキノンを使うと、既存のシミも消えていくのです。

ハイドロキノンの副作用や注意点

ハイドロキノンの副作用は、肌の刺激感や赤みです。シミを消す効果が高いぶん刺激も強いので、シミがある部分だけに塗ってください。肌の症状があまりにもひどい場合、使用を中止しましょう。

妊娠中・授乳中の女性は、ハイドロキノンの使用を控えてください。また、ハイドロキノンを塗ったまま日中に外へ出ると、シミが濃くなるケースがあります。夜のみ使用して朝流すか、日焼け止めを上から塗るかで対策しましょう。

ハイドロキノンを使うと、色素の抜けすぎで肌に白斑ができるのではないか?と心配する人もいます。

しかし、ハイドロキノンの濃度が低ければ問題ありません。

目安として、ハイドロキノン4%程度までの製剤を選びましょう。

ハイドロキノンの塗り薬(トレチノイン配合)

ハイドロキノンが含まれており、個人輸入で手軽に購入できる医薬品を紹介します。紹介するのは、ハイドロキノンとともに、トレチノインも配合されている医薬品です。トレチノインはメラニンを排出する効果を持っており、シミの治療でハイドロキノンと一緒に用いられる成分です。

【弱め】ハイドロキノン2%とトレチノイン0.025%が含まれる塗り薬

コスメライトクリーム2%を買う

【強め】ハイドロキノン4%とトレチノイン0.025%が含まれる塗り薬

メラケアForteクリーム4%を買う

トレチノインの詳しい効果も見ておく>>

トレチノインだけでシミ治療

トレチノインは、メラニンを排出してシミを薄くする効果を持ちます。トレチノインを使うと皮膚が剥がれたり赤くなったりするため、シミがある部分にだけ塗りましょう。トレチノインを有効成分とする医薬品は、個人輸入でお得に入手できます。

トレチノインの効果

トレチノインは、強力なメラニン排出の作用を持ち、シミを薄くしていきます

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種です。つまり、ビタミンAと同じような働きをする成分です。ただし、通常のビタミンAに比べ、約100倍もの薬理作用を持つと言われています。

トレチノインの働きは、表皮で新しい細胞を増やし、ターンオーバーを促すことです。これにより、お肌の生まれ変わりが早まるため、メラニンの排出も促進されます。

トレチノインは、ニキビやシワにも効果がある成分です。

まさにお肌にとっての万能薬とも言えますね。

トレチノインの副作用や注意点

トレチノインの副作用で、皮膚が剥がれたり赤くなったりする場合があります。シミを消すためには、このような副作用を完璧に避けるのは困難です。副作用を最小限に抑えるため、広範囲には塗らず、シミがある部分にだけ塗りましょう。

また、トレチノインを使っている際、ステロイドを併用してはいけません。トレチノインの効果が低下し、なかなかシミが改善しなくなります。

トレチノインを長く使うと完璧に耐性ができ、効果がなくなります。そのため、2カ月から3カ月ほど継続して使ったら、1カ月以上の休薬期間を作りましょう。

そのほか、妊娠中・授乳中にシミが気になっても、トレチノインを使用しないでください。

トレチノインだけの薬

個人輸入で入手できるトレチノインの製剤を紹介します。先発薬とジェネリック薬があり、値段が異なります。濃度は0.025%、0.05%、0.1%(ジェネリックのみ)の3種類です。ここでは、濃度がもっとも低いものを紹介しておきます。

トレチノインが0.025%含まれる先発薬の塗り薬

レチンAクリーム0.025%を買う

トレチノインが0.025%含まれるジェネリックの塗り薬

Aレットジェル0.025%を買う

トレチノインは、ハイドロキノンと併用することでシミを消す効果が高まります。

両方の成分が含まれている塗り薬がおすすめです。

ハイドロキノンが含まれる塗り薬を見る>>

プラセンタエキスでシミ治療

プラセンタエキスは、万能とも言われている有効成分です。シミの予防や除去にも役立ち、美白を叶えてくれます。プラセンタには特有の副作用はありませんが、まれにアレルギーを引き起こす場合があるので注意しましょう。

個人輸入の代行サイトを利用すれば、ヒトプラセンタが含まれた塗り薬が簡単に手に入ります。

プラセンタの効果

プラセンタは、シミの予防と美白に効果があります。どのような作用があるのか、詳しく見ていきましょう。

プラセンタのシミ予防

プラセンタは、活性酸素を除去し、シミを予防する働きを持ちます。

活性酸素とは酸素が体内に入って変化したもので、本来ならば生きるために必要な物質です。しかし、活性酸素の量が過剰になると、細胞を傷つけてしまいます。これにより、お肌にはシミやシワが生まれます。

プラセンタは、シミやシワの原因となる活性酸素を除去してくれるのです。

プラセンタのシミ治療

プラセンタは、細胞を活性化してシミのもとであるメラニン色素を排出します。

シミが治らない原因は、肌のターンオーバーが遅れてメラニン色素が蓄積することです。メラニン色素は、紫外線などの外部刺激を受けたとき、肌を守るために生まれます。これが正常に排出されていれば、シミはできません。

プラセンタは、新しい細胞を増殖させて代謝を促し、皮膚に溜まっていたメラニン色素を排出してくれます。

プラセンタの副作用や注意点

プラセンタには、特有の副作用は確認されていません。しかし、体質によってはアレルギー反応が起こるケースがあります。アレルギーが起こった際は、じんましんや肌の赤み、むくみといった症状が出るとされています。

プラセンタの注意点として、注射で摂取した場合は献血ができなくなることが挙げられます。サプリメントやドリンク、クリームなどは問題ありません。人間や動物の胎盤を原料としているので、粗悪な品は買わないようにすることも重要です。

プラセンタの塗り薬

国内でプラセンタの医薬品と言えば注射剤のみですが、病院に通い続けるのが困難だったり、献血をできなくなったりといった不便があります。

そこでおすすめしたいのが、インドで製造されているプラセンタジェルです。国内の注射と同じように、ヒト由来のプラセンタが含まれています

ヒトプラセンタが100mg含まれた塗り薬

プラセントレックスジェルを買う

プラセントレックスジェルは、私も実際に使ってみたことがあります。

シミを消そうと思うと時間がかかりそうですが、肌の色は全体的に明るくなりました。

肌がもっちりしてハリも出るので、肌質の改善にとても役立ちます。

シミを消したい人は、ハイドロキノンなどと併用するのがおすすめです。

フルオロウラシルでシミ治療

フルオロウラシルは、皮膚がんなどに用いられる医薬品です。シミやほくろも悪性化すると皮膚がんに発展する症状なので、フルオロウラシルが効果を発揮します。副作用が強い医薬品なので、フルオロウラシルを使うときは細心の注意を払ってください。

フルオロウラシルの効果

フルオロウラシルには、シミやほくろへの効果があります。

フルオロウラシルとは、がんの治療に使われる成分です。飲み薬や注射剤として、悪性腫瘍の治療に用いられています。そして、皮膚がんの治療のためには、フルオロウラシルの塗り薬が使われています。

シミやほくろは悪性化すると、皮膚がんにもなる症状です。つまり、シミやほくろは皮膚がんの仲間であるため、フルオロウラシルが効果を発揮するとされています。

フルオロウラシルの副作用と注意点

フルオロウラシルはがんを治療する強い作用を持つため、副作用も強く出ると考えておきましょう。

フルオロウラシルの主な副作用は、肌の赤みや熱感、かゆみ、痛みなどです。肌が日焼けしやすくなったり、逆に黒くなってしまったりといった副作用も見られています。なにか異常があった場合、すぐに使用を中止してください。

また、妊婦や授乳婦は、フルオロウラシルを使ってはなりません。18歳未満の子供に対しても安全性が確認されていないので、これらに該当する人は使用を避けましょう。

そのほか、免疫システムが弱まり、日和見感染にかかりやすくなるといった注意点もあります。塗り薬であっても全身への影響はあり、ほかの治療薬よりもリスクが高い薬だと言えます。

フルオロウラシルの塗り薬

個人輸入できるフルオロウラシルの塗り薬を紹介します。医師の診断は不要ですが、リスクが高い薬なので、副作用や使用方法を必ず確認してから購入しましょう

フルオロウラシルが1%含まれる塗り薬

フロニダクリーム1%を買う

フルオロウラシルが5%含まれる塗り薬

フロニダクリーム5%を買う

上で説明したように、フルオロウラシルは悪性腫瘍のために使われる成分で、副作用が強い薬です。

そのため、シミ治療のために使うことはあまりおすすめできません。

シミを消したいなら、ハイドロキノンの製剤がおすすめです。

ハイドロキノンの塗り薬を見る>>

トラネキサム酸でシミ治療

トラネキサム酸は、シミのなかでも特に肝斑に効果があるとされています。飲み薬として使用するので、皮膚だけでなく消化器系の副作用にも注意が必要です。トラネキサム酸の飲み薬は、個人輸入の代行サイトでお得に購入できます。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸は、シミや肝斑に効果があるとされています。それは、シミを作るメラニン色素の生成を抑えると考えられているからです。

トラネキサム酸は、抗プラスミン剤と呼ばれる薬です。プラスミンは、メラニン色素を生み出す細胞や酵素の活性化に関わっています。メラニン色素を生み出すのは、メラノサイトという細胞、チロシナーゼという酵素です。

まず、プラスミンは、表皮で「遊離アラキドン酸」という物質を生み出します。そして、遊離アラキドン酸は、「プロスタグランジン」などの物質に変化します。このプロスタグランジンなどの物質は、メラノサイトを活性化したり、チロシナーゼを増加させたりします。

トラネキサム酸は元凶となるプラスミンを抑制することで、シミの原因を取り除く成分です。

トラネキサム酸の副作用と注意点

トラネキサム酸の副作用は、痙攣や皮膚のかゆみ、発疹などです。消化器系では、下痢やおう吐、胸やけ、食欲不振などが見られます。

注意点は、血液が固まりやすくなる薬と併用しないことです。トロンビンやヘモコアグラーゼ、バトロキソビン、エプタコグアルファなどの薬とは併用しないようにしてください。血栓ができやすくなるので、ほかに薬を服用している場合は医師に相談しましょう。

血栓がある人、血栓ができやすい体質の人は、服用に注意してください。腎不全の患者や高齢者も医師の判断が必要です。妊娠中・授乳中の女性も、トラネキサム酸の服用はやめておきましょう。

トラネキサム酸の飲み薬

個人輸入で買えるトラネキサム酸の飲み薬を紹介します。ほかの薬を服用中の人、もしくは治療中の病気がある人は、トラネキサム酸と併用しても問題ないかどうかを確認してください。

トラネキサム酸が1錠に500mg含まれる飲み薬を少量から

パウゼ500mg10錠入りを買う

トラネキサム酸が1錠に500mg含まれる飲み薬は100錠ならとってもお得!

パウゼ500mg100錠入りを買う

まとめ

シミを消すための薬は多種多様です。それぞ作用は異なるので、シミの症状や自身の体質にあったものを選びましょう

特におすすめの治療薬は、ハイドロキノンとトレチノインが配合された塗り薬です。ハイドロキノンは、メラニン色素を合成する酵素を阻害します。さらに、メラノサイトの数も徐々に減らしてくれます。トレチノインの役割は、メラニン色素を排出することです。

この2つの成分を併用することで、シミへの絶大な効果が期待できます。このページで紹介した医薬品には、それぞれデメリットがあります。ただ、シミを消すためにまず選ぶなら、ハイドロキノンとトレチノインが含まれた医薬品がおすすめです。

ヒルドイドの通販でもち肌!

CTA-IMAGE ヘパリン類似物質が約1.5倍! 海外製のヒルドイドを試してみよう!