ヒルドイドはアトピーに効く!アトピーが悪化する理由も解説

ヒルドイドはアトピーに効く!アトピーが悪化する理由も解説

ヒルドイドは、アトピー性皮膚炎の治療に多く用いられている塗り薬です。アトピーにはさまざまな症状がありますが、代表的なのが皮膚炎でしょう。アトピーに悩んでいる人にとって、ヒルドイドは欠かせない医薬品です。

まず初めに、アトピー性皮膚炎の原因と症状を見ていきましょう。続いて、ヒルドイドのアトピーに対する効果を解説。また、ヒルドイドを塗ってアトピーが悪化してしまうケースについて、考えられる原因を説明します。

アトピーの原因と症状

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下し、免疫反応が過剰になって起こります。アトピーによって起こる症状は、湿疹や皮膚の剥がれです。年齢層によっても、症状が異なります。

アトピーの原因はバリア機能の低下

アトピーの症状は、皮膚のバリア機能が低いために起こります。本来、皮膚は以下の物質や組織によって守られています。

皮膚を守る物質と組織の説明
物質・組織の名前 説明
天然保湿因子 角質層にある成分
水分を守る保湿物質
皮脂 皮脂腺から分泌される油状の物質
皮脂膜 水分の蒸発を防ぐ皮膚の膜
角質細胞間脂質 角質細胞の間にある脂質
肌内部の水分蒸発を防ぐ

これらのバリア機能は、皮膚を刺激から守ったり、水分の蒸発による乾燥を防いだりしています。

しかし、アトピー体質の人は、皮膚のバリア機能が低下した状態になっています。その結果、免疫反応が過剰となり、本来は退治する必要のない物質にも反応するため、炎症が起こってしまうのです。炎症により強いかゆみが生じ、皮膚を引っ掻いてしまうと、さらなるバリア機能の低下を招きます。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎には、さまざまな症状が見られます。主に、以下のような症状が皮膚にあらわれます。

  • 乾燥
  • かゆみ
  • 皮膚の剥がれ
  • 湿疹
  • 小さなブツブツ
  • 赤み
  • 水ぶくれ
  • かきむしった傷

アトピーは、患者の年齢によって症状が異なります。一般的には子供の頃に発症し、成人になると症状が和らぐ傾向にあります。しかし、成人になってから再発するケースもあるのです。

乳児期(1歳未満)のアトピーの特徴

乳児期の赤ちゃんの場合、頭や顔からアトピーの症状が出はじめます。特に、頬や口の周りに多くの湿疹ができるのが特徴です。

幼児期(1歳から6歳頃)のアトピーの特徴

小児期になるとヒザやヒジなど、四肢の関節にアトピーの症状があらわれるようになります。また、耳の付け根に発疹ができたり、あかぎれのような症状があらわれたりします。

思春期・成人期のアトピーの特徴

思春期から成人期では、下半身よりも上半身の症状がひどくなります。胸から背中にかけて、発疹の症状が強く見られます。

ヒルドイドのアトピーへの効果

ヒルドイドは、皮膚を保湿することで乾燥を防ぎ、バリア機能を高めます。これにより、皮膚の剥がれやかゆみを抑える効果を示すのです。炎症がひどい場合は、ステロイドとの併用が推奨されています。

皮膚のバリア機能を回復

ヒルドイドは、アトピーで低下した皮膚のバリア機能を回復させます。

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質は、角質細胞間脂質のラメラ構造の回復を促進します。角質細胞間脂質は、油分と水分が交互に並んだ層になっています。この層になった構造をラメラ構造と呼ぶのです。ラメラ構造の層が整っていることで、バリア機能が高まります。

また、ヒルドイドには、天然保湿因子や角質層の水分量を増やし、肌を保湿する作用もあります。乾燥して弱った肌の水分を補い、肌を健やかな状態に導くのです。

皮膚の剥がれ・かゆみに効く

ヒルドイドは、アトピーによる皮膚の剥がれやかゆみに効果を示します。

例えば、乾燥した皮膚が剥がれ落ちる症状は、ヒルドイドの高い保湿力で改善できます。また、アトピー肌のかゆみを抑える効果もあるとされています。

ヒルドイドはかゆみ止めではありませんが、保湿によってバリア機能が高まると、外的刺激に強い肌になるのです。そのため、アトピーで弱っていた肌が感じていた刺激でも、かゆみを感じなくなります。

炎症がひどければステロイドを併用

アトピーによる炎症がひどい場合、ヒルドイドのみでは改善できません。アトピーで皮膚に強い炎症が起こっているときは、ヒルドイドとステロイドの併用が勧められています

また、かきむしって傷口になったしまった部分、あかぎれで血が出ている部分などには、ヒルドイドは使用しないでください。

ヒルドイドとステロイド剤を併用する際は、先にヒルドイドを塗りましょう

ヒルドイドは全身の保湿のために使うので、体の広い範囲に塗り広げます。そのため、ステロイド剤を先に塗ると、後からヒルドイドを塗った際、不要な部位にまで広がってしまいます。

不要な部分にまでステロイドがつくことで、副作用が起こりやすくなるのです。ステロイドは、湿疹などの症状がある部分にだけ塗りましょう。

ヒルドイドでアトピーが悪化する理由

アトピー体質の人がヒルドイドを使用することで、症状が悪化するケースも見られます。どの医薬品でも言えることですが、肌や体質に合わず、かえって刺激になってしまうこともあるためです。また、ヒルドイドを塗る量が少なすぎたり、逆に多すぎたりといった可能性もあります。

肌質や体質に合っていない

ヒルドイドを塗ってアトピーが悪化してしまったなら、自身の肌に合っていないことが理由だと考えられます。

ヒルドイドは副作用が少なく、赤ちゃんでも使用できる保湿剤です。刺激が弱いので、本来ならアトピーが悪化する危険性はあまりないと言えるでしょう。

しかし、体質によってはヒルドイドが刺激になり、肌が炎症を起こしてしまう人もいます。万が一、ヒルドイドを塗って皮膚に異常があった場合は、すぐに使用を止めて医師に相談してください

ヒルドイドを塗る量にも注意

アトピー肌は敏感なので、ヒルドイドを塗る量にも注意しましょう

ヒルドイドを塗る量が少なすぎると、皮膚との摩擦が生じやすくなり、アトピーを悪化させる原因になり得ます。だからといって、大量に塗りすぎても、ヒルドイドの成分が刺激になってしまう可能性もあります。

ヒルドイドを使う際は、適量を守ってください。また、清潔な手で優しく塗り広げるようにしましょう。

まとめ

アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚のバリア機能が低いことです。これにより、免疫反応が過剰になって、皮膚の炎症などが起こります。

ヒルドイドは肌を保湿し、バリア機能を回復させ、アトピー肌を守ります。アトピーによって起こる乾燥肌やかゆみ、皮膚の剥がれなどの改善に効果的です。皮膚の炎症がひどい場合は、ステロイドを併用しましょう。

ヒルドイドを塗ってからアトピーが悪化した場合、自身の肌に合っていないと考えられます。また、ヒルドイドを塗る量が少なすぎたり多すぎたりしても、皮膚の負担になります。アトピーが悪化してしまったら、医師や薬剤師に相談してください。